山陽小野田市中央図書館に高校生お薦めコーナー

山陽小野田市中央図書館に、小野田高とサビエル高の図書委員ら計13人による「お薦め本コーナー」が設けられている。学校の垣根を越え共同で74冊を選び、飾り付けも工夫。カラフルな手書きの紹介文を添え、本の魅力を紹介している。11月末まで。

同館が両校に協力を呼び掛けて企画。合同で開いた選書会で本の魅力、好きな理由などを話し合い、同世代に限らず小・中学生も楽しめる青春小説、児童文学、絵本の名作などを選んだ。紹介文は夏休みに本を読み込んでから書いた。

コーナーは「読書の秋」をテーマに枯れ葉飾りと手書きイラストで彩られ、来館者の関心を集めている。

「かいけつゾロリのだ・だ・だ・だいぼうけん!」(ポプラ社)は「冒険に大人も子供もありゃしないぜ?」とユーモラスに紹介。「塩の街」(メディアワークス)は「普通の世界だったら出会わなかった2人のラブストーリー」と一読を勧めている。

サビエル高の藤井廉士君(1年)は「新しい本と出合うきっかけになればうれしい」、小野田高の高畑由寿樹さん(同)は「見る人が楽しくなる展示を心掛けた。ぜひ本を手にとって」と話していた。

カテゴリー:教育・文化,地域2017年10月17日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ