山陽小野田市の熊野神社でそうめん流し

山陽小野田市菩提寺山の熊野神社(松田千代子宮司)で10日、納涼そうめん流しがあり、参拝者らが夏の風物詩を満喫した。
8月の月次(つきなみ)祭に合わせて行う恒例行事。仮社殿の裏手の傾斜を利用して約50㍍の半筒を設置。九重の滝のご神水と一緒に用意した30㌔のそうめんを流した。
参拝者や地域の親子連れが、次々に流れてくるそうめんをすくっては、冷たい食感と、爽やかな喉越しを楽しんだ。
食欲旺盛な子供たちは、おなかいっぱいになるまで食べていた。

カテゴリー:地域2014年8月11日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single