山陽小野田市で「土手まつり」

高泊の後潟に江戸時代から伝わる「土手まつり」は12日、厚狭川の堤防沿いで開かれた。後潟上、後潟下、黒葉山の3地区から30人が参加。約400㍍区間に生えた雑草に火をつけて焼き払い、地域安全を祈願した。同まつり保存会(竹本克巳会長)主催。

田畑が広がる後潟開作は1750年代に護岸工事で海の水をせき止めて整備された土地。同まつりは、雑草に隠れている害虫を駆除して豊作を願おうと始まった。整備当初は、堤防部分を足で踏みしめて決壊しないようにの思いも込められた。

参加者は日没後、堤防の中央にある排水機場近くに集合。竹本会長からまつりの由来と意義の説明を受け、土手部分に組んだやぐらに点火した。たいまつを手に、二手に分かれて次々と火を付けながら、生い茂る雑草の中を進んだ。辺りは炎と煙に包み込まれ、幻想的な光景が広がった。

カテゴリー:地域,季節2017年8月14日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ