宇部空港利用2500万人達成

山口宇部空港の定期便利用者が23日、1966年の開港以来の累計で2500万人を突破した。達成記念セレモニーは同日、同空港であり、関係者、搭乗客らが見守る中、節目となった乗客への記念品贈呈、記念ゲートの序幕などで祝い、未来へ向けて飛躍することを誓い合った。

2500万人目となったのは佐藤容子さん(52)=宇部市中央町=。東京に住む家族に会うため、午後1時発のANA696便に搭乗。国内線ターミナルビル2階で行われたセレモニーには、県、空港関係者、県PR本部長のちょるる、県観光フレンズ、宇部観光ふれあい大使などが出席。県観光スポーツ文化部の小玉典彦部長は「空の玄関口として52年間発展してきた。今後も県民の皆さんのみならず、国内外の皆さんに愛される空港に発展させていきたい」とあいさつ。達成記念ゲートを除幕すると、会場から大きな拍手が送られた。

佐藤さんは「節目の搭乗者は予想していなくて驚いた。今回は、抽選で当たったので上野動物園のパンダの赤ちゃんを見るのが楽しみ。山口宇部空港は地元にあって利用しやすい。北海道直行便が就航するとうれしい」と笑顔を見せた。

この日は、東京行きのANA696便、JAL294便、スターフライヤー(SFJ)14便の搭乗者全員にも、各社が記念品のクリアファイル、ボールペンなどを贈呈する。

同空港は66年7月1日に県営宇部空港として開港。当初は東京、大阪便とも1日1往復だったが、次第に増便し、2018年1月現在は航空3社によるトリプルトラックで10往復が実現。県民にとっての〝空の玄関〟として、利用者に快適な空の旅を提供し続けている。

カテゴリー:地域,経済2018年1月23日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ