宇部市親子ふれあい講座、父親が娘の髪をセット

宇部市教育委員会主催の親子ふれあい講座は4日、市立図書館で開かれた。市内の小学1・2年生の女子とその父親の8組が参加。美容師の指導を受けながら、父親たちが子どもの髪の毛のセット方法を学び、今後の実践を誓った。

プロからヘアセット技術を学び、家庭で父と娘がコミュニケーションを取る機会の拡大につながればと初めて実施。ワイズヘアーファースト店(昭和町4丁目)の冨田貴史店長ら、ワイズヘアーグループの美容師4人が講師を務めた。

父親たちは3班に分かれて「三つ編み」「クルリンパ」「ポニーテール」などの髪形にする際の手順を美容師から聞き、実際に子どもを椅子に座らせて挑戦した。ほとんどが未経験者で悪戦苦闘しながらも、娘の喜ぶ顔を思い浮かべながら整えていき、最後はカラフルなヘアアクセサリーなども付け、セットを完了させた。

小林清貴さん(40)=末広町=は「三つ編みは簡単そうに見えたが、なかなか難しかった。時間が合うときにまたセットしてあげたい」と語り、ももさん(恩田小1年)は「うれしかった。またやってほしい」と笑顔を見せた。

カテゴリー:地域2018年3月5日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ