宇部市で戦没者追悼献花式

宇部市主催の戦没者追悼献花式は13日、ときわ湖水ホールで開かれた。戦没者遺族、行政関係者、一般市民ら80人が参列し、先の大戦で亡くなったすべての人を悼み、恒久平和を誓った。

戦後70年の節目に始まり、3回目。全員で黙とうをささげた後、久保田后子市長が「今日の発展は、戦禍の中で尊い命を失われた人々の犠牲と、その悲しみを乗り越えた市民の力があったからこそ。終戦から72年が経過し、戦争を体験した世代がますます少なくなっていく。再び悲しい歴史が繰り返されることがないよう、戦争の記憶と平和の願いを風化させることなく、次世代へつなげていく」と追悼の言葉を述べた。

来賓の村岡嗣政知事代理で宇部健康福祉センターの内山正史次長、杉山孝治市議会議長、県遺族連盟の市來健之助会長、市連合遺族会の岩村誠会長も哀悼の意をささげた。

最後に、久保田市長をはじめ、神原遺族会の中山ヒサ子さん、中山武久さんら全員が順番に献花台に花を手向けた。

市によると、第2次世界大戦で、市は8回の空襲を受け、市街地の大部分が焼け野原となり、300人を超える市民が亡くなった。

式典後には、宇部市の空襲を記録する会が1996年に制作した、市の空襲に関するビデオが上映された。

カテゴリー:地域,季節2017年8月14日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ