宇部商議所が産業記念祭

宇部商工会議所(安部研一会頭)主催の宇部産業祈念祭・式典は1日、琴崎八幡宮などで開かれた。常議員、議員、来賓など50人が出席。産業の礎を築いた先人へ感謝するとともに、ふるさとの発展、産業振興に努力することを改めて誓った。

祈念祭に先立ち、安部会頭、伊藤樹包、曽我德將両副会頭、藤川修三専務理事の4人が真締川公園の宇部産業祈念像を訪れ献花した。

琴崎八幡宮参集殿で行われた式典で、安部会頭は「本市は西日本屈指の工業都市として成長したが、それは先輩方が英知を集め努力してきたからこそであり、その地道な努力があるからこそ、明るい未来がある。宇部の産業人として責任を自覚し、関係団体と連携し、さらなる発展に努めたい」と式辞。来賓の久保田后子市長らも祝辞を述べた。

優良従業員の表彰では、12社20人の被表彰者を代表して、宇部マテリアルズの縄田隆之さんが表彰状を受け取り、「受賞を励みにさらに精進していきたい」と謝辞を述べた。

カテゴリー:地域,経済2017年11月1日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ