宇部の奇跡の宝くじ売り場、昨年末は1等出ず

1等賞金7億円、前後賞と合わせると10億円というビッグな2016年の年末ジャンボ宝くじの高額当せんは、宇部市内の売り場からは出なかったことが、みずほ銀行宝くじ部の集計で分かった。県内からもなかった。

09年から3年連続で年末ジャンボの1等が出たことから「奇跡の売り場」として知られる宇部井筒屋横の宇部琴芝チャンスセンターでは、1等こそなかったが、3等100万円が2本、ジャンボミニ1億円の2等100万円が6本、プチの1等1000万円が4本と、ファンの期待に応えている。

同センターなどを統括しているシーエルシー山口支店(山口市)関係では、東岐波の宇部メルクスと厚南の宇部ゆめタウンの両センターで年末ジャンボの2等1500万円が各1本、3等が各1本出た。メルクスではプチの1等も1本出た。

カテゴリー:地域2017年1月20日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single