国民宿舎秋穂荘、7月1日に営業再開

耐震補強・改修工事を終え、7月1日に営業再開する山口市秋穂東の国民宿舎秋穂荘で27日、記念式典が開かれた。関係者約50人が参加し、施設見学やレストランで提供されるメニューを試食した。

渡辺純忠市長が「新たな人の流れをつくる拠点として活用し、これまで以上に地域に愛される施設になれば」とあいさつ。市議会の坂井芳浩議長は「秋穂ブランド育成の原動力になるとともに、市全体の発展につながることを期待している」と述べた。

秋穂荘は、1966年に開業。2015年に行った耐震診断の結果に基づいて昨年11月から工事を進め、1月から休館していた。

耐震化のため、客室やレストラン、施設内にあるミニ美術館などの壁を補強し、浴場の床タイルなどを張り替えた。和式トイレの一部は洋式化し、浴室のサウナも一新。総事業費は7900万円。

休館中には、従業員の接客術を磨くとともに、レストランで提供する車エビのフルコースを見直して低価格化を図るなどした。

指定管理者「あいお」の上村浩司社長によると、2016年度の施設の総利用者は約4万人。半数が県内客で、広島県からも多いという。「利用者の微減傾向が続いているが、再オープン後は九州などの観光客も呼び込みたい」と意気込みを語った。

カテゴリー:地域,経済2018年6月28日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
single