台風25号、夜半まで強風域

大型の台風25号は6日午前、県西部を含む九州北部を北東に進んだ。下関地方気象台によると、県西部が風速15㍍以上の強風域を抜けるのは今夜遅くで、暴風や高波に警戒を呼び掛けている。

中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30㍍、最大瞬間風速は45㍍。中心の東側は260㌔、西側が190㌔以内が風速25㍍以上の暴風域、中心から半径約560㌔以内が強風域。

丸尾漁港では風が強く吹き、荒波が岸壁に激しく打ち付ける様子が確認できた。

台風の接近に伴い、宇部海上保安署は新町の国合同庁舎などで予定していた沿岸海難救助訓練の中止を決定。神原校区では7日に予定していた3世代交流釣り大会も中止した。

山口ゆめ花博では、「宇部市の日」など一部のイベントを中止したほか、ナイトプログラムの「夢のたね」を7日午後6時からに順延した。

台風はこの後日本海を進み、7日未明には北日本の西海上で温帯低気圧に変わる見込み。

カテゴリー:地域2018年10月6日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter