古民家改装し仏料理店

昨年9月まで山口市の地域おこし協力隊として活動した大阪市出身の三和慎吾さん(31)が11日、山口市佐山の古民家を改装して創作フランス料理店「やまぐちBISTRO328」を開く。自家農園や地元で取れた食材にこだわり、イノシシやシカなどのジビエ料理も提供する。妻の靖子さん(32)と二人三脚で山口の食の魅力を発信していく。

2年前から改装を始めた同店は、築100年以上の靖子さんの実家。靖子さんの父で大工の中藤保さん(65)に教わりながら三和さん自らリノベーションした店内は、日本家屋の温かさを生かしたこだわりの内装だ。

三和さんは、大阪やフランス、アメリカの料理店などで修業した経験を生かし、2015年10月からふるさと納税を活用した市内産品の振興をテーマに協力隊員として活動してきた。当時から同所に店を構える構想を持っており、地元事業者や農家とのつながりを深め、新たな食材の発掘など準備を着々と進めてきた。地産地消にこだわった野菜や米などを使い、旬の食材を生かしたコース料理を提供していく。

「この店から山口の食材や地域の魅力を県外にも発信していきたい」と三和さん。「地元の事業者や農家と連携してイベントを開催したり、子どもの食育をテーマに教室を開いたり、さまざまなことに挑戦していきたい」と話す。

全14席。ワインは3000円からで、地ビールや県産日本酒なども提供する。

月・火曜日定休。時間は、ランチが午前11時半~午後3時(ラストオーダー同2時)。1日1組限定のディナーは午後6時半から(要予約)。

予約はホームページ(http://mitsuwa328.com/)の専用フォームか電話で受け付けている。問い合わせは、同店(電話083―902―2838)へ。

カテゴリー:地域2019年1月10日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter