初の高校生啓発キャラバン隊発足、22日の投票呼び掛け

 22日投開票の衆院選への投票を呼び掛けようと、18歳になり、選挙権を持った県内の高校生らでつくる啓発キャラバン隊の出発式が11日、県庁で開かれた。21日までに県内5市で地元の高校生が活動し、若者の投票率アップに力を入れる。
 高校生の啓発キャラバン隊は初めて編成された。式で県選挙管理委員会の本多昭洋事務局長は「若い人のパワーを広く伝え、老若男女問わず一人でも多くの人を投票に向かわせて」とエール。誠英高3年の西谷香織さん、佐藤香鈴さん、進藤涼穂さんが同隊を代表して決意表明した。
 投開票日の前日に18歳になる西谷さんは「選挙は未来を決めるもの。校内で呼び掛けるとともに、政策を踏まえながら候補者、政党を選んでいきたい」と語った。
 萩光塩学院高3年の書道部員が、縦6㍍、横4㍍の大きな紙に「明日への一票」などと記し、投票の大切さを訴えた。
 キャラバン隊は14、15、21日に5市の商業施設で活動を予定しており、選挙のしおり、スマホクリーナー、ティッシュ計5万4000個を配布する。
 選挙権が18歳以上に引き下げられてから2回目の国政選挙。昨年の参院選での投票率は、18歳が43.41%、19歳が31.79%、20~24歳が29.03%、25~29歳が36.28%と、他の年代に比べて低かった。
 地元での日程、参加校は次の通り。
 ▽15日午後2時=ゆめタウン山口(桜ケ丘)▽21日午前10時=ゆめタウン宇部(宇部フロンティア大付属香川)

カテゴリー:地域,政治・選挙2017年10月12日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single