冬の風物詩「TOKIWAファンタジア」スタート

常盤公園の冬を彩る「TOKIWAファンタジア2013」が1日、同園の遊園地で始まった。市民グループ93団体による手作りのイルミネーションが夜を幻想的に演出している。来年1月13日まで。ときわ公園まつり実行委員会(大林哲夫会長)、長州科楽維新プロジェクト運営委員会(三浦房紀委員長)主催。
市内外から5000人(主催者発表)が訪れた点灯式では、大林会長が「小さな子供から大人まで、市民の協力で開催できるということが大変ありがたい」とあいさつ。同プロジェクトの崎山智司副委員長や久保田后子市長、激励に駆け付けた山本博司・財務大臣政務官らとともに、スイッチを押してイルミネーションを点灯させた。
明かりがともった会場は、記念撮影を楽しむ家族連れやカップルなどで大にぎわい。特設ステージでは藤山保育園児のダンスや歌、山口宇部空港ハンドベル同好会スカイベルトゥインクルズの演奏が披露された。
公募制のイルミネーションはツリー部門、オブジェ部門、ペットボトル部門に分かれている。審査で大賞、各部門賞、市民賞などが決まり、22日のクリスマスフェスタで表彰される。
点灯時間は午後5時半から同9時半まで。年末年始無休。

カテゴリー:地域2013年12月2日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ