一日海上保安官が「安全航行」呼び掛ける

宇部海上保安署(内田初弘署長)は12日、海上保安協会宇部支部に加盟する企業で働く女性2人を一日海上保安官に任命し、巡視艇「ときなみ」で宇部港内をパトロールしながら船舶に航海の安全を呼び掛けた。

16日から始まる「海の事故ゼロキャンペーン」の一環。一日海上保安官の辞令を受けたのは、宇部興産宇部本社の上條美奈子さん(28)と宇部興産海運の山本夏美さん(26)。

任命式は港町の巡視艇桟橋であり、2人は「正義仁愛の海上保安精神にのっとり、業務に励むことを誓います」と声をそろえた。同協会の桜田隆常任幹事は「暑い中大変だと思うが、持ち前の若さで頑張って」と激励。内田署長も「関門宇部地区から海難ゼロを望む」と意気込みを見せた。

今年度のキャンペーンでは、出航前の安全確認、海難防止のための見張りの徹底、ライフジャケットの常時着用などの呼び掛けに重点を置く。

カテゴリー:行政,地域2018年7月12日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter