トラフグの資源回復へ、県が稚魚放流

年々減少しているトラフグの資源回復を目的に、県水産研究センター内海研究部と県栽培漁業公社は9日、山口市の秋穂湾にトラフグの稚魚4万匹を放流した。

稚魚は秋穂東の同公社でふ化させ、7㌢ほどの大きさになるまで養殖池で育てた。

放流作業は秋穂西の堤防付近で行われ、地元の漁協組合員や県職員ら約30人が参加した。追跡調査の目印となるよう、4万匹のうち1万5000匹の右胸びれを1匹ずつハサミで切除し、ホースを通して放流した。

稚魚は回遊しながら成長し、2年後には体長が20㌢以上になって瀬戸内海海域での採捕が可能になる。同センターの職員は市場に出向いたり漁業者からの報告を受けたりして、トラフグの成長状況や水揚げ場所などの調査を行う。

調査は、近隣7県の連携事業。切除するひれを変えたり、魚の耳石を染色することで放流場所を特定し、より効率的な放流活動に役立てる。

同センターの岩政陽夫(61)さんは「他県との連携事業を継続して行い、トラフグの資源回復を目指したい」と話していた。

カテゴリー:地域,経済2018年7月10日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter