ときわ動物園、入園者が10万人突破

3月下旬にオープンした「ときわ動物園」の入園者数が12日、10万人を突破した。親子遠足などの団体利用が好調で、開園から84日目にして早くも到達。宇部市が当初設定した年間目標は18万人だが、このままのペースを維持すれば40万人台に達する勢いだ。

野生動物の生息環境を再現することで、動物たちが伸び伸びと本来の行動を発揮する〝生息環境展示〟が自慢。3月21日に、アジアの森林ゾーンと体験学習館モンスタが先行オープンした。

市公園整備局動物園リニューアル推進室によると、3月末までに2万9435人が入園。4月は3万70人、ゴールデンウイークのあった5月は3万6362人で、中でも5日は最多の6843人を記録した。

顕著なのは小学校の社会見学、幼・保育園の親子遠足、福祉施設などの団体利用。宇部市内をはじめ、山陽小野田、山口、下関、防府、美祢など県内各地から申し込みがあり、4月1日~6月11日分だけで約100団体、8000人と昨年同時期の2倍に達する。

10万人目となったのは、宇部に単身赴任中の夫を訪ねてきた徳島市の吉本夏実さん(31)。動物の大好きな長女・芽生ちゃん(3)、次女・実生ちゃん(1)を連れて初来園し、佐々木俊寿・常盤公園長から、シロテテナガザルの特大縫いぐるみなどの記念品をプレゼントされた。

「節目と聞き、ただただ驚き。子供たちと、かわいいおサルさんを見るのが楽しみ」と夏実さん。次回は、仕事で同行がかなわなかった夫・聖さん(33)とも一緒に来たいと話していた。同園では節目達成後の入園者100人に、特製の缶バッジを贈った。

動物園の総面積は約1・9㌶。現在は▽中南米の水辺ゾーン▽アフリカの丘陵・マダガスカルゾーン▽山口宇部の自然ゾーン│の整備を進めており、2016年春の全面開業を予定している。

 

カテゴリー:地域2015年6月12日

写真注文はこちら
宇部日報社刊・書籍販売始めました
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single