ときわファンタジアが開幕

冬の定番となった常盤公園のイルミネーションイベント「TOKIWAファンタジア2018」が18日から始まった。約90点に上るイルミネーションコンテストの作品や「光と音楽によるライトショー」など、150万個の発光ダイオード(LED)の光が、夜の園内をきらびやかに彩っている。会期は1月6日までで、大みそかは休園。12月23日には目玉行事のクリスマスフェスタがある。 初日の点灯式は芝生広場であり、宇部鴻城高吹奏楽部の演奏に続き、久保田后子市長が「ファンタジアは年々、来場者が増えている。11回目の今年も、さまざまな団体や企業の協力で、目と心を奪われる作品が勢ぞろいした。光のイベントで一年を振り返り、年末年始を古里で過ごす人にも声を掛けて」とあいさつした。参加者全員が声を合わせてカウントダウン。ボタンが押されるとライトショーが始まり、イルミネーションが順々に暗闇に浮かんだ。

山口宇部空港ハンドベル同好会スカイベルトゥインクルズによる演奏、山口大混声合唱団によるアンサンブルもあり、子どもには餅と菓子が配られた。来場者たちは早くもクリスマスムード満点の園内を一巡。お気に入りのイルミの前で記念撮影を楽しんだ。

昨年好評だったライトショーは、毎日午後7時と8時半から、各10分程度。カラーバリエーションを増やして、見応えがグレードアップしている。ファンタジアは午後5時半~9時半。期間中は遊園地を夜間営業し、一部アトラクションを運行させる。また、彫刻の丘もライトアップ。石炭記念館も土日・祝日は8時45分まで夜間開館(12月30日まで)し、展望台から遊園地の光や夜景が楽しめる。

カテゴリー:地域,季節2018年11月19日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter