「JAXAが宇部にやってきた」に歓声

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の西日本衛星防災利用研究センターが、今年2月に県産業技術センター内に開設されたことを記念したイベント「JAXAが宇部にやってきた」は9日、あすとぴあ4丁目の同センターで開かれた。小・中学生対象の「水ロケット工作教室」などが行われ、子どもたちは楽しみながらロケットの飛ぶ原理を学んだ。

ロケット工作教室は3回実施。初回教室には20人が参加した。講師は宇部市出身でJAXAの射場勇士さんが務めた。

射場さんはロケットが飛ぶ理由を「中から空気が出て行く力で飛ぶ風船と同じ仕組み」と説明。子どもたちは、大きなロケットが風船が飛ぶのと同じ理由で飛んでいることに驚いていた。

ペットボトルを使った水ロケットを、保護者と一緒になって作った子どもたち。完成後はさっそく同センターのグラウンドで打ち上げ実験を行った。

水を少量入れたペットボトルロケットを発射台に取り付け、自転車用の空気入れを使って充?(じゅうてん)。カウントダウンに合わせて発射レバーを引くと勢いよく空へ舞い上がった。

工作が大好きという松村幸志郎君(恩田小3年)、優之介君(同1年)の兄弟は「すごく楽しかった。将来は何かをつくる仕事もしてみたい」と笑顔で話した。

カテゴリー:行政,地域2017年9月9日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ