「西畠清順・そらみみの旅」が開幕

ときわミュージアムの温室リニューアルを記念したプレ企画「西畠清順・そらみみの旅-世界をめぐる植物の展覧会」が28日、ときわ湖水ホールで始まった。西畠さんの人気著書の中に登場する面白植物50種類を展示。初日から大勢のファンが詰めかけ〝西畠ワールド〟を楽しんでいる。宇部市主催。3月12日まで。

西畠さんの著書「そらみみ植物園」の中にイラストで紹介されている植物の実物が大集合している。

午前10時の開場を前に、約130人が列をつくった。広島県福山市から駆け付けたというファンもいた。

オープニングでは、久保田后子市長が「西畠さんの本の世界をリアルに体験し、植物に対する愛情を感じてほしい。プレ企画展を通して、4月29日にオープンする『世界を旅する植物館』への期待を膨らませてほしい」とあいさつ。市民らと共に、企画展のタイトルプレートを除幕して、開幕を祝った。

続いてギャラリートークやサイン会が行われる予定だったが、西畠さんがインフルエンザで欠席したため、共に活動している、そら植物園スタッフで宇部市出身の山本沙羅さん(27)が代わりにトーク。展示植物や、それらに込めた西畠さんの思いを紹介した。来場者たちは、オリーブの古木や、エアプランツの一種・ウスネオイデスの宙づり展示などに見入っていた。

入場料は300円(70歳以上200円、18歳以下無料)。開場時間は午前10時~午後4時(入場は午後3時45分まで)。火曜休館。問い合わせは同ミュージアム(電話37-2888)へ。

カテゴリー:教育・文化,地域2017年1月28日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single