19日、リニューアルオープン 記念定期を取り扱い

2017年6月15日

県信用組合厚狭支店

県信用組合厚狭支店(神田浩支店長)は19日、建て替え工事を終えてリニューアルオープンする。当日から、厚狭支店新築記念定期預金の取り扱いを始める。

新しくなった店舗はバリアフリー構造で、車いすなどでもスムーズに出入りできる環境を整えた。車いすのまま利用できる記帳台もある。

2階には、商談やセミナーなどで利用できる多目的ルームを設置。要望に応じて地域にも開放し、展示会などのイベント開催も視野に入れている。

同支店新築記念定期預金は6月19日から7月31日まで、本店営業部、高千帆支店、西宇部支店、厚狭支店の各店で取り扱う。対象は個人。組合員、組合員の家族の利用を受け付ける。預入金額は1人あたり10万~1000万円で、新規預け入れに限る。適用利率は0・45%。預入期間は1年(自動継続)。初回満期日までは特別金利を適用。継続時は、継続日における1年定期預金の店頭表示利率となる(元加式、利払い式のいずれかを選択)。

神田支店長は「ご迷惑、ご不便をおかけしましたが、新装営業することができます。今後も地元に特化した地域金融機関として、他金融機関との差別化を図り、スピード感を持って応対していきたい」と話している。

県信用組合厚狭支店
住所 山陽小野田市厚狭1-2-22
TEL 0836-73-0010
営業時間
定休日
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ