技術向上、衛生知識高める

2017年11月10日

山口県理容生活衛生同業組合宇部支部

山口県理容生活衛生同業組合宇部支部(山本豊支部長、93人)はこのほど、福祉会館で技術講習=写真=と消毒衛生講習を行った。同組合に所属する理容師60人が参加し、技術向上と消毒衛生に関する知識を深めた。
技術講習は、全国理容生活衛生同業組合連合会が毎年発表するニューヘアの紹介と技術指導。県講師の秋山寿さんが、女性を対象にしたニューヘアライン「レディスヘア・マージュ」をテーマに指導した。
2015年から理容師による女性へのパーマネント施術が認められ、男性客が中心だった理容業は女性客の獲得を目指している。参加者はウイッグを使ったスタイリング指導などに注目していた。
消毒衛生講習は、山口県宇部健康福祉センターの惣田乃絵さんが講師を務めた。参加者は理容所における衛生消毒、出張(福祉)理容における衛生消毒方法、感染症への対策、アタマジラミへの対策について熱心に耳を傾けていた。
この日は県理容生活衛生同業組合などの呼び掛けにより非組合員の参加もあった。同支部は組合員拡大も目指しながら、年間を通してさまざまな取り組みを継続していく。

山口県理容生活衛生同業組合宇部支部
住所
TEL -
営業時間
定休日
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ