長州産業の岡本社長、美祢市のゴルフ場買収

セントラルパークゴルフ倶楽部の18番ホール(美祢市豊田前町で) 環境・ハイテク機器メーカーの長州産業(本社・山陽小野田市新山野井)の岡本要社長がこのほど、美祢市豊田前町にあるセントラルパークゴルフ倶楽部を経営するスリー・アローの経営権を取得した。親しまれ、愛されるゴルフ場を目指して、クラブハウスやコースの整備、従業員の教育などに取り組み、サービス向上に努めたいとしている。従業員はパートを含め三十七人、会員数は五百二十七人。

同倶楽部は一九九三年にオープン。18ホール、パー72、アウト三四〇六ヤード 、イン三五〇六ヤード 。アウトは女性的で比較的攻めやすく、インは男性的で少し難しいコース。プロも褒めるワンランク上のチャンピオンコースで、風格のあるゴルフ場とPRする。
レストラン部門は、昨年十一月からゴルフ場直営の管理運営体制にし、メニューなどを改善した。地元の農家から仕入れた新鮮な食材を使い、料理を提供している。営業時間は午前七時から午後五時まで。座席数は約六十席。
岡本社長は「ゴルフ場は水道や光熱費のウエートが高いことから経営改善のエネルギー改革として、太陽光発電システムやソーラーシステムの導入を図り、コスト削減と二酸化炭素の削減に貢献したい。このゴルフ場を太陽光発電システムのモデルハウスの実験場として活用し、今後、全国展開を図っていきたい」と話した。

カテゴリー:経済2010年4月10日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single