山陽小野田市の名産品に24点

郷土色豊かであるかをチェックする審査員(文化会館で) 山陽小野田名産品推進協議会(岩佐謙三会長)は、つねまつ菓子舗の「せめんだる」、竜王黄金の会の芋焼酎「龍王山」など24点を市の名産品とし、4月3日午後1時から、おのだサンパークで認定式を行う。

市内で製造、加工、生産されている菓子類、酒類、農・水産品、工芸品などを名産品に認定し、これを市内外に宣伝、紹介して、販路拡大や市のPRにつなげるのが目的。
昨年12月、山陽小野田観光協会、商工会議所、消費者の会、市環境経済部などで構成される推進協議会を立ち上げ、名産品を公募していた。
25日、文化会館で18社から寄せられた24点を岩佐会長ら協議会メンバー6人が審査。市内で作られているか、商品名や原材料が郷土色豊かで広く古里の名産品として認知されているか、包装や保存・表示方法が適切であるかをチェックしたほか、実際に試食して味を確かめた。この結果、応募の商品すべてが条件を満たし、名産品として認定された。
認定式では、各社の代表に認定証が交付され、岩佐会長が講評、白井博文市長が祝辞を述べる。認定された名産品には認定マーク(大300枚、小500枚のいずれか)が無償で提供され、店頭を彩る。同協議会が名産品を掲載したパンフレットを作製し、公共機関や観光案内所に配布してPRするほか、県内外で開催される名産品フェアに優先的に出展される。認定は2年ごとに更新する。
認定された名産品は次の通り。
▽菓子=寝太郎餅(寝太郎餅本舗千原玩雅堂)せめんだる(つねまつ菓子舗)ごろり寝太郎さん(幸月堂)BUCHIスティックケーキ(みつや・トロアメゾン)パイまんじゅう・ありがとう(同)
▽酒類=龍王山(竜王黄金の会)米焼酎寝太郎43度(永山酒造)シャトーヤマグチカベルネソーヴィニヨン(同)大吟醸山猿斗瓶取り(同)
▽農産加工品=小野田産杵つきもち(もちもちの里)小野田産杵つきかきもち(同)万能楽だし醤油(小野田食料品工業)こいくち醤油金選混合(同)ぶちうまイチゴ紅ほっぺジャム(花の海)
▽水産加工品=香ばし醤油海苔(縄田雅海苔)そのまんま干しのり(県漁業協同組合高泊支店)ふく白子とうふ(山陽食品工業)粒うに(中村うに商店)浜の六品盛セット(西海食品)
▽食肉加工品=高原牧場ハム(ジー・ネットワークス)▽農産品=完熟いちご(花の海)▽農産物=おのだネギ三昧(小野田ネギ生産者部会)▽水産品=県産活車海老(小野田水産)▽その他=貝汁(みちしお)

カテゴリー:経済2010年3月27日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single