常盤遊園地+秋吉台サファリ=集客アップへ連携

20100127.jpg 常盤遊園地と秋吉台自然動物公園(秋吉台サファリ)は、利用客に相互の乗り物利用券をプレゼントするなど、集客力アップのために連携することになった。

両施設で乗り物回数券(1000円)を購入すると、相手側の乗り物無料券2枚がもらえる仕組み。一方の利用者を他方にも呼び込もうという狙い。期間は3月13日から9月末までの半年間。
連携協定調印式は26日、宇部市役所であり、久保田后子市長の立ち会いで常盤遊園地を運営するサノヤス・ヒシノ明昌の竹辺政憲部長とサファリランドの戸島晨吉園長が協定書に調印。「県央部の南北に位置する両施設が手を結ぶことで、観光の活性化に協力し合っていきたい」と述べた。

カテゴリー:経済2010年1月27日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single