山陽小野田で好評、リフォーム資金助成

山陽小野田市は市民生活の向上と地域経済振興を目的に、家の改修工事に対して一定の助成をする市住宅リフォーム資金助成事業を県内で初めて実施したが、11月27日までに195件、1344万円を助成するヒット企画になった。

助成額は工事の総額に応じて決まるが平均10%前後で、波及効果として市内に落ちた工事総額は1億4000万円以上にもなる。深刻な不況で閑古鳥が鳴いていた業界は久々に活気づいている。
3日に開会した12月定例市議会でも、議員から制度を高く評価する声と継続できないかという要望があった。白井博文市長は「国の経済対策の臨時交付金を活用した限定的なもの。今後については、市の一般財源から費用を工面できないかチェックしたい」と答えた。
助成制度の受け付けは今月18日まで(土日・祝日は除く)。助成対象者は市税の未納がない市民で、助成対象となる工事が他の市の助成制度などを受けていないもの。自分が居住する自己所有の既存住宅の改修工事が対象。問い合わせは建築住宅課へ。

カテゴリー:行政,経済2009年12月4日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single