市中央市場、輪飾り 競り活気

次々と取引される縁起物(26日午前8時、中央卸売市場で)

正月の縁起物として欠かせない輪飾りなどの競りが26日、宇部市西平原4丁目の市中央卸売市場(青果)で行われた。扇やエビなどが付いたカラフルな輪飾りから、ウラジロ、ユズリハといった素材まで集まり、活況を呈した。

量販店では輸入物のリースを販売しているが、市場で取り扱われるものは、生産者の思いがこもった手作りの温かさが魅力。扇やカラフルな旗などの飾りが付いた華やかさがこの地域の特色。わらで作られた玄関用の門松も独特だという。
市場の卸売業者として輪飾りを一手に引き受ける双葉宇部支社は「今年は台風の影響がなく、ウラジロなどがきれいで質がいい。入荷量は例年並み」と語った。競りは午前8時から始まり、ずらりと並んだ商品が威勢よい声の中、次々と取引された。景気が悪い年は縁起物に人気が集まるという。
生産者を守るために2007年から取り入れた相対取引の量も増えている。前日夜までに価格などが決まり、競り前に商品が引き取られた。

カテゴリー:経済2012年12月26日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single