JA山口宇部「農業まつり」にぎわう

地元産の新鮮な野菜や加工品を買い求める人々(JA山口宇部本店で)

JA山口宇部主催の第18回農業まつりは9日、川上のJA山口宇部本店で開かれた。新鮮な地元の農産物や加工品の販売、餅まき、ビンゴゲームなど多彩な催しがあり、多くの人でにぎわった。

生産者と消費者の交流を目的として開催。管内の特産野菜や加工品を販売するコーナーでは、ハクサイやダイコン、カブなどの冬野菜をはじめ、芋類や漬物などが安価で販売された。地元産米やミカンも人気を集め、クリスマスや正月準備のために、シクラメンや餅、キンカンなどを買い求める人も多かった。
餅まきは2回行われ、大勢の人がステージ前に群がって歓声を上げた。県内温泉のペア宿泊券が当たるビンゴゲームや、地元産米が当たるウオークラリークイズ、女性部によるバザーや手芸品の展示、アンパンマンの握手撮影会、厚東太鼓のステージなどもあり、盛り上がった。

カテゴリー:経済2012年12月10日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ