元気な宇部の源に、中小企業振興審が初会合

辞令を受ける委員(男女共同参画センターで) 宇部市中小企業振興審議会(15人)は23日、男女共同参画センターで初めて開かれ、市経済の発展、市民生活の向上に欠かせない中小企業の支援策について活発に意見を交換した。会長に堤宏守さん(山口大)、副会長に前村きみこさん(前村電気工事)を選んだ。

市は、国の中小企業に対する考え方や前向きな事業活動に対する支援強化を踏まえ、新しい時代に即した理念条例として「中小企業振興基本条例」を制定した。審議会は振興諸施策を定期的に評価・検討するために設置された。委員は企業、経済団体、金融機関、市民代表らで構成されている。
初会合では、条例に基づいて策定された振興実施計画「うべ中小企業元気プラン」が示され、ふるさと起業家支援、事業資金融資、海外経済交流促進、農業参入育成支援など関連52事業、産学公連携による新事業・新産業の創出に向けた取り組み、うべ元気ブランド、ふるさとツーリズムなどについての説明があった。
意見交換では、情報発信の強化や企業との連携、補助制度の募集の見直しなどが聞かれた。元気ブランドは認証製品全てがそろうような店舗づくりの提案もあった。
委員一人一人に辞令を交付した久保田后子市長は「市内企業の9割が中小企業であり、そのバックアップは市の課題。地方分権、地域主権が本格化し、基礎自治体も独自の政策を推進しなければならない。審議会は市民社会を凝縮したような構成なので、条例が機能するよう活発に議論し、いろいろな提案をいただきたい」と期待を寄せた。
委員は次の通り。(敬称略)
▽会長=堤宏守(山口大)▽副会長=前村きみこ(前村電気工事)▽委員=大川内すみ子(マグナス工業)熊谷佐登美(田辺仏具本店)栗原清隆(宇部商工会議所)佐々木宏(県中小企業団体中央会)田代浩一(エコー設備管工)田中隆弘(田中電業社)長岡考広(西中国信用金庫)西岡佐代子(西岡自転車店)半明桂子(県産業技術センター)福田加寿子(あすか不動産)安冨嘉朗(山口銀行)山根好子(市民代表)吉本秀(トラステック)

カテゴリー:行政,経済2012年8月24日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ