宇部商議所青年部、春の宇部弁当そろいました

山口宇部弁当の春バージョン(宇部商工会議所で) 宇部商工会議所青年部(篠澤朝孝会長)は23日、地元産品を活用した「山口宇部弁当」の春バージョンを発表した。市内の12事業所が開発した18品で、青年部では2月中に弁当を掲載したパンフレットを作り、各店舗で販売を開始してもらう予定。

弁当は青年部が企画し、2011年度から本格的に普及に取り組んでいる事業。市内の業者に開発・販売を依頼し、地産地消の推進、名物弁当の創出を目指すとともに、食を通じて地域活性化を図るのが狙い。
昨年7月、11事業者の17品を第1弾として認定。当初から秋と春の行楽シーズンに楽しんでもらえる弁当を計画していたため、昨年12月から春の食材を使った弁当を募集していた。
鮮魚弁当、洋風弁当、サンドイッチなど今回もバラエティーに富んだ商品がそろった。価格は380~5250円。この日は、同会議所で完成披露撮影会があり、業者の代表者らが弁当のコンセプト、使っている地元食材などを説明するとともに、試食し合った。
宇部弁当事業担当の青年部宇部商人委員会の月本信勝委員長は「今後は、百貨店などの店舗でも販売してもらえるような形にして、より一層弁当の普及につなげていきたい」と話した。
問い合わせは同会議所(電話31-0251)へ。
事業者、弁当名は次の通り。
▽青葉=「西京四季膳」「きらら膳」「うべ弁」「長州とり巻きすし・長州とり巻きめし」「ご当地!長州とりバーガー」▽イーグル興業葉山=「季節の宇部弁当」▽ニチラク=「うべ茶めし弁当」▽らいおん亭=「長州どりの天ぷらご膳」「たけのこチャーハン唐揚げつき」▽知路留の舘=「知路留の舘特製洋風弁当」▽はと家=「バランス弁当・春」「手作りハンバーグ弁当」▽呑兵衛=「穴子ひつまぶし弁当」▽味彩=「宇部牛のカルビ網焼き弁当」▽ランチボックス=「見ても楽しい!山口宇部弁当」▽会席・割烹水族館=「会席弁当」▽魚かつ=「底引き網地魚弁当」▽手作りサンドイッチ工房1118=「れんこんつくねサンド」

カテゴリー:経済2012年1月24日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single