市中央卸売市場、輪飾り登場 競りに活気

売買参加者で活気を呼ぶ正月飾りの競り(26日午前8時すぎ、市中央卸売市場で) 正月の縁起物として欠かせない輪飾りなどの競りが26日、宇部市中央卸売市場(青果)で行われた。扇付きやエビ付きなどのカラフルな輪飾りから、ウラジロ、ユズリハといった素材が集まり、活気を呈した。

量販店によっては輸入物のリースを販売しているが、市場で扱われる輪飾りは、生産者の思いが込められた手作りの温かさがある。
扇などの飾りが付いた華やかさが地域の特色。わらで作られた玄関用の門松は宇部市と山陽小野田市に限定された特有のものという。
市場の卸売業者として輪飾りを一手に引き受けているのは双葉宇部支社。「山が荒れてきているのでウラジロなどの入荷が心配されたが、台風の影響もなく、入荷量は昨年並み」と話す。
価格を安定させるため、2007年から相対取引も一部取り入れてはいるが「景気の悪い年は縁起物に人気が集まる。相場はやや高め」といい、小売価格にも反映されそうだ。

カテゴリー:経済2011年12月26日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ