うべ元気ブランド第2回認証は10製品

新たに認証された製品 宇部市の1次産品を使った加工品に与えられる「うべ元気ブランド」の第2回認証製品が決まり、27日にはときわレストハウスで認証書の授与式が行われた。地元で取れた米やお茶、海の幸など、素材の特徴を生かした7事業者の10製品がブランドの仲間入り。ご当地グルメの開発を目的とした「ディスカバB」でグランプリに輝いた「石炭包(せきたんぱお)」も特別認証された。

元気ブランドは1次産業の振興と活性化、宇部のまちの元気づくりが目的。昨年度、事業者の育成と販売促進を図るため事業を創設し、初回は9事業者17製品を認証した。今年も9事業者から17製品の応募があり、食品衛生法への適合などの確認作業を経て、認証委員会で審査・決定した。認証有効期間は2014年3月末まで。
選ばれたのは、小野茶の煎茶の渋みやほろ苦さを生かしたかりんとう、若き杜氏(とうじ)が自ら製品開発した清酒、吉部地区の米粉でさくさくした食感を出したサブレ、東岐波の漁師がコウイカを加工し、子供向け、大人向けに味付けした製品、宇部の方言「げってん」(頑固者)を商品名にしたこだわりの半熟風カステラなどさまざま。
式では、認証書を受け取った事業者が地元への愛着を込めた製品の特徴(元気理由)、開発の苦労などを語った。試食会も行われた。久保田后子市長は「魅力あるまちにはおいしいものがある。元気ブランドは人もまちも元気になる取り組み。認証をきっかけに仕事や店の発展につなげてほしい」と語った。
今回認証分は、単品で100円から詰め合わせで2100円まで。日本酒は1・8㍑が3255円。各事業者の店舗、市内のショッピングセンター、山口宇部空港などで取り扱っている。問い合わせは農商工連携ブランド推進室(電話34―8372)へ。
認証製品と事業者は次の通り。(敬称略)
▽「小野茶かりんとう」「小野茶麺」山口茶業▽「純米吟醸 貴 山田錦」永山本家酒造場▽「宇部こだわりのかすてら げってん」吹上堂▽「宇部和(なごみ)サブレ」虎月堂▽「おひとつイカが?うすしお味」「おひとつイカが?本じお味」酒井勇治▽「うべ物語」お菓子のピエロ▽「煎茶フィナンシェ」「紅茶フィナンシェ」Decore
▽特別認証=「石炭包」宇部商工会議所青年部

カテゴリー:経済2011年7月28日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ