商議所青年部B級グルメ大会「石炭包」に栄冠

宇部B級グルメに選ばれた石炭包 宇部商工会議所青年部(篠澤朝孝会長)は18日、新川市まつり会場で開催したB級グルメ大会「ディスカバB」のグランプリに、パン製造販売のブーランジェ パン・ペルデュ(安田燿夫社長、新天町2丁目)の「石炭包(せきたんパオ)」を選んだと発表した。

宇部市の発展の礎となった石炭産業をイメージしたシーフードカレードーナツで、地域活性化の起爆剤として活用していく。市民へのお披露目を兼ねて、6月5日に宇部彫刻まつり会場の旧宇部銀行館(ヒストリア宇部)で、午前11時から300食(1個230円)を販売する。
石炭包は、市内在住で厚狭高3年の藤谷はるなさんのアイデアをヒントに考案。はるなさんの父で、港町のレストラン・キャプテンのオーナーシェフ、藤谷幸司さんの助言を受けながら開発した。イカスミを練り込んだパン生地に、宇部沖で取れた赤エビとレンチョウのつくだ煮を刻んで入れたカレーを包んで揚げた。
5日にあったディスカバBでの市民投票と、青年部の内部審査とを合わせて、最高の評価を得た。味だけでなく、宇部をPRするにふさわしい見た目と、さまざまにアレンジできる手軽感が決め手となった。
青年部では、グランプリ商品の製造店と販売店を募集して、市を挙げて新名物を宣伝していく方針。イカスミを練り込んだ生地に具を包んだパン製品を広く石炭包に認定し、具材は各店の独自性に任せる。山口国体までに50店の協力店を目指し、マップにして周知する。
ディスカバBは、昨年の宇部まつりに続いて、新川市まつりで開催。最終決戦と銘打ち、応募があった10団体がそれぞれに開発した商品を販売した。準グランプリには、スイミーの宇部エビ茶ラーメンが選ばれた。
安田社長は「さまざまな人の力添えをいただき、はるなさんのアイデアを具現化できた。地域の活性化に、利用してもらえれば」と感想。
担当の地域開発委員会の大川内正之委員長は「高いレベルの中から、ふさわしい1品を選ぶことができた。具材はカレーに絞っていないので、アレンジの広がりが期待できる。まずは市民への周知に全力を注ぎ、いずれは全国に発信していきたい」と話した。

カテゴリー:経済2011年5月18日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single