あす「母の日」人気はエコ商品

かわいらしい容器に入れられたプリザーブドフラワー(7日午前10時すぎ、宇部井筒屋で) 「母の日」をあすに控え、宇部市内の百貨店やスーパーでギフト商戦がピークを迎えている。宇部井筒屋では「エコ」をテーマにした商品が売れ筋で、各売り場の特設コーナーはプレゼントを選ぶ買い物客でにぎわっている。

定番のカーネーションは、プリザーブドフラワーが人気。4階特設会場では1本が1470円と生花よりやや高めだが、専用の保存液などで加工されていて美しい姿が数年楽しめることが評価されている。アレンジメントも約80点並ぶ。売れ筋は3000~5000円という。
実用品ではペットボトルホルダーや保温保冷効果があるタンブラーと弁当箱が売れている。節約志向の強まりから、外食を控える働く母親へのプレゼントに選ばれている。
販売促進担当の金田智史さんは「景気を反映して高額商品を買い求める人は少ない。環境保護などプラスアルファの価値がある品が好まれている」と話した。

カテゴリー:経済2011年5月7日

写真注文はこちら
宇部日報社刊・書籍販売始めました
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single