高速無料化ならフェリー航路維持は困難に

20090910.jpg 県内の旅客フェリー3社が9日、二井関成県知事に航路維持のための要望書を手渡した。高速道路が無料化されれば、航路維持が困難になると懸念している。

防予汽船(柳井市)、周防灘フェリー(周南市)、周防大島松山フェリー(周防大島町)各社によると、さまざまな経営努力は続けているが、8月の輸送実績も低迷し、経営環境の改善が見られない状況が続いているという。「国の補正予算が凍結され、執行はゼロ。このままでは存続そのものも厳しくなる」という切実な声もあった。
二井知事は「高齢化社会の中で多様な交通手段を確保しておくことは大切」と各社の訴えに理解を示し、当面の対策として、フェリーを活用した観光客誘致を検討していることを伝えた。

カテゴリー:経済2009年9月10日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single