旧東宝ビルがテナントビルに衣替え、28日オープン

輸入食品専門店やレディースファッションのセレクトショップなど6店舗が入居した商業施設「ルナーレ」が28日、宇部市中央町2丁目にオープンする。

空き店舗だった旧東宝ビルを、宇部市港町の金属リサイクル業、カネミツが購入して改修。商業ビルとして生まれ変わらせたもので、地元商店街や経済団体では「市街地活性化の起爆剤になれば」と期待を寄せている。
建物の名称は「TKビル」。鉄骨造り7階建てで、1階が店舗スペース。2―5階は駐車場で、約100台を収容できる。
1階の売り場面積は、約825m<sup>2</sup>。
輸入食品専門店のほか、レディース、メンズそれぞれのセレクトショップ、子供服店、化粧品取扱店、関西地区以西では初めてとなる創作自然瓶詰め食品販売店の6店舗が入っている。
同社では引き続きテナントを募集し、さらに店舗を充実させる方針。
店舗の営業時間は午前10時から午後8時まで。初日は午前9時30分からオープニングセレモニーやバンド演奏などのイベントを行うほか、オープン特価品の販売もある。

カテゴリー:経済2009年11月26日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single