山口県内の障害者雇用率2.22%で横ばい

山口県内民間企業の障害者の実雇用率(6月1日現在)は、前年度と同じ2.22%で、法定雇用率の1.8%を達成した企業の割合は54.7%と前年度から0.1ポイント後退したことが、厚生労働省山口労働局のまとめで分かった。

産業別では、卸売・小売業、医療・福祉業、サービス業で上昇したのに比べ、製造業、運輸・通信業での低下が目立った。
調査対象の企業数は682社(前年度691社)。障害者数は2835人で前年度から45人少なくなった。
山口労働局は、今後も法定雇用率を達成するように指導を強化し、障害者の求職ニーズに合った求人開拓などを行う方針。

カテゴリー:経済2009年11月24日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single