山口県の労働組合数、17年連続減

山口県は18日、労働組合基礎調査の結果(6月30日現在)を発表した。

県内の組合数は前年から8組合減って787組合となり、組合員数も227人減少して10万7442人となった。
組合数の減少は1992年の1063組合から17年連続。組合員数の減少は2007年の10万8107人から2年連続。
主要労働団体のうち、連合山口の組合員数は6万7381人で前年から797人増加。県労連は1万1929人で963人増加した。
推定組織率は18.3%(前年18.2%)で、全国の推定組織率18.5%(前年18.1%)を下回っている。

カテゴリー:経済2009年12月19日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single