イズミが義援金150万円余を寄付

20090905b.jpg 大型スーパーなどを展開するイズミ(本社・広島市)は3日、7月下旬に県内を襲った集中豪雨による被害の義援金として、県に156万1370円を寄付した。

中国、四国、九州のイズミ・ゆめタウン全75店舗に義援金の募金箱を設置。買い物客に協力を呼びかけたほか、従業員らからも浄財が集まった。
中村豊三・執行役員西ゾーン営業部長が県庁を訪れ、西村亘副知事に義援金を手渡した。
中村部長は「少しでも被災地の復興に役立てばいい」と話した。
西村副知事は「まだ手着かずの被災地もあり、土石流の除去などに充てたい」と謝辞を述べた。

カテゴリー:経済2009年9月4日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single