山陽小野田で5日から「せんほろ」

小野田料飲店組合(村岡治組合長)は、5日から加盟する居酒屋やスナック20店舗で、1000円でワンドリンクとお薦めの一品を提供する「SANYO-ONODAせんほろ」を行う。2016年に続いて2度目の取り組み。15日まで。

「1000円でほろ酔い」の意味で、地元経済の活性化を目的に実施。16年には8月16日から1カ月間行い、各店舗で新規客も多く訪れたという。

同組合では「気になっている店があれば、この機会に気軽に立ち寄って」と話している。

チケットは1000円券の3枚つづりで、3000円(税込み)。14日まで同組合事務局の大津屋本店、各参加店舗、小野田商工会議所で販売している。

カテゴリー:経済2018年2月3日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ