宇部市役所で「フラワーバレンタイン」PR

フラワーバレンタインを推奨し、宇部産の花の消費拡大を図ろうと、市役所で6日、花束の販売が行われた。市では、ガーデンシティうべ構想のキックオフイベントに位置付け。14日にも同様のコーナーを設け、花を贈り、飾る文化の醸成を図る。

県中央生花商組合宇部買参人、県中央花卉園芸組合宇部生産者、県中央花市場が主催。市内で主に生産されたバラ、ガーベラ、スイートピー、チューリップ、カスミソウなどを市内の生花店が花束にして市に引き渡し、市が販売を担当した。

価格帯は300~2500円。初日は70束が並び、来庁者が「かわいいね」「どれにしよう」などと言いながら、品定めしていた。14日は正午から午後5時半まで、市役所1階ロビーにコーナーを開設。220束程度を用意する。同日、婚姻届か出生届を出した人には、切り花をプレゼントする。

市では、昨年11月に同構想を策定。公害を克服し、工業都市として発展を遂げる過程で取り組んできた「緑と花と彫刻のまちづくり」を継承し、持続的に発展していくための新ステージとして、市街地の整備に合わせた花の回廊づくり、市民・企業と一体となった花づくりや緑化運動、産業化の促進などにより、魅力ある都市空間の形成を目指している。

ガーデンシティ推進グループの馬場葉子グループリーダーは「気軽に花を買う文化を醸成したい。この機会に、宇部産の花の魅力を知ってもらえれば」と呼び掛けた。

6日から、市役所正面玄関前にオブジェを設置。150株のプリムラでハートをかたどっており、高さは約2㍍。期間は3月14日まで。

カテゴリー:行政,経済2019年2月7日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter