宇部商議所が80周年会員大会

宇部商工会議所(千葉泰久会頭)の創立80周年・第29回会員大会は25日、ANAクラウンプラザホテル宇部で開かれた。会員、来賓ら約500人が集い、地域経済をリードする団体の節目を祝い、まちの活性化、商工業の発展を目的としたさらなる取り組みへの期待を寄せた。
千葉会頭は「次の90年、100年に向けて素晴らしいまちづくりを進めたい。そのために今年、『非常識への挑戦』を掲げて事業を進めていく。共存同栄・協同一致という宇部の精神もしっかり胸に刻み、いろいろなことに立ち向かっていきたい。私たち一人一人が主役という意識を持って前に進んでいこう」とあいさつ。来賓の久保田后子市長も「活力あふれる経済、まちづくりには皆さんの力が必要」と語った。
席上、80周年を記念して宇部興産など5事業所を特別功労表彰した。また永年継続会員(継続30年以上)として冲田庭園など5事業所、永年勤続従業員として25社の53人をそれぞれ表彰した。
この後、交流会が開かれ、懇談やアトラクションなどで盛り上がった。商業振興イベント「ワンコイン・パスポートdeスタンプラリー」で利用が多かった店舗の表彰もあった。
プロゴルファーの中嶋常幸さんによる講演会「我がゴルフ人生│試練を宝にかえて」もあった。中嶋さんは、ゴルフに限らず、強くなれる人の共通項として「頭がいい、洞察力がある、計画性と実行力、自分を成長させてくれるライバルの存在」を挙げ、青木功、尾崎将司両プロとともに「AON」としてゴルフ界を引っ張ったことを話した。これまでに3回陥ったスランプも振り返り「諦めない、言い訳をしない。スランプこそ、自分を変えられるチャンスであり、先生」と前向きな姿勢を持つことを教示した。

カテゴリー:経済2014年2月26日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single