宇部商議所、新体制がスタート

宇部商工会議所(安部研一会頭)の正副会頭会議と常議員会は21日、にぎわい宇部などで開かれた。10月31日の臨時議員総会で決定した新体制となって初の会合で、市への要望などを決めたほか、現在開催中の「ワンコインパスポート〓スタンプラリー」実施店を視察した。

常議員会では、市内での創業促進のため、準備段階から創業後までの一貫した支援体制の構築、常盤公園での白鳥飼育再開に向けた積極的な取り組みなどを市に要望していくことを決めた。

会議後には、中央町3丁目の川崎美術館を訪問した。

さらに、安部会頭と柳屋芳雄、徳永敦之、藤井克将の副会頭3人、藤川修三専務理事は、宇部新天町名店街内の「ワンコインパスポート〓スタンプラリー」実施店の一部を視察し、店主らから状況を聞き取った。安部会頭は「事業は5回目を迎え、市民にも浸透してきている。店側の意見も聞きながら、次につなげたい」と話した。

「ワンコインパスポート・デ・スタンプラリー」は11月30日まで。パスポートは宇部商工会議所で配布している。同会議所によると、スタンプ4個を集めて参加店が提供したプレゼントに応募するはがきは、12月2日が締め切り(必着)で、18日現在で524通届いているという。

カテゴリー:経済2016年11月22日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ