宇部商工会議所ワンコインパス、今年は登録無料

宇部商工会議所(千葉泰久会頭)は、10~11月に開催する商業振興イベント「ワンコイン・パスポートdeスタンプラリーVol.4」への参加店を募集する。今年は同会議所創立80周年特別企画として、会員の登録料を無料とし、約300店での販売やサービス提供を目指す。2日にはイベント推進のための商業活性化委員会(委員長・徳原幹男副会頭)を設置し、各事業部会に積極的な参加、協力を呼び掛けた。
地元での買い物を促進する「BUY・宇部」運動を具体化し、消費者に負担が少ないワンコイン(税込み500円)に設定した商品やサービスで来店へのきっかけをつくり、新規顧客の獲得につなげるのが狙い。抽選で賞品が当たるスタンプラリー方式で参加店への回遊性を高める。事業者にとってもアイデアや工夫、商品に込めた思いを伝えるなど、販売・宣伝技術の向上になる。
登録料は初回(参加61店)と2回目(同62店)が1万円で、3回目の昨年(同102店)が5000円だった。
登録料の減額効果で前回の参加店はスタート時の2倍となり、利用の多かった店舗は新規開拓に役立った。利用者の声からも満足度が高く、イベントを心待ちにしているリピーターも増えていることが分かった。今回は小売業に限らず、さまざまな業種で実施し、消費喚起、商業活性化、事業所のPR、閑暇日・時間の売り上げアップ、会員増強につなげる。
10月1日~11月30日の2カ月間、ワンコインもしくは今回初めて導入するツーコイン(税込み1000円)で商品やサービスを提供できるようバージョンアップ。消費者は会議所が発行する小冊子のパスポートでスタンプを四つ集めて応募すると、抽選で参加店の提供賞品が当たる。これに外れても、四つ異なるスタンプで応募していれば、ダブルチャンスの権利が発生し、会議所が用意した賞品が抽選で当たる。参加店の商品やサービスを掲載した冊子(A5判)は3万5000部の発行を予定している。
活性化委員会は10の部会のメンバーで構成し、今年の事業計画、冊子の表紙デザインなどを承認した。徳原委員長は「兵庫県宝塚市の商工会議所では、小売りに限らず、網戸の張り替え、油圧ショベルの貸し出しなど、さまざまな業種が加わっていた。会員増強の機会にしたいし、宇部の商業が盛り上がり、会議所の名物行事となるよう協力を」と呼び掛けた。参加の申し込みは7月31日まで。問い合わせは会議所(電話31―0251)。

カテゴリー:経済2014年6月3日

写真注文はこちら
宇部日報社刊・書籍販売始めました
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ