地元産品販売の「元気市場」が30日にオープン

地元産品を中心に販売するアンテナショップ「うべ元気市場」が30日、中央町2丁目にオープンする。うべ元気ブランド認証製品などを取り扱うほか、レストランも併設した店舗で、初日は午前10時からオープニングセレモニーが行われる。

元気ブランド認証製品や地元産品を数多く取りそろえて販売し、宇部の「いいもの」を改めて市民に知ってもらうとともに、市外からの集客も図ろうと開設を決定。市街地の空き店舗を活用し、中心部のにぎわい創出にもつなげる。
店舗は平屋建てで、面積は約130平方㍍。元気ブランドに認証されている51製品のうちの25品や、米、お茶、かまぼこ、酢、カステラ、すずりなどの地元農産物、加工品などを販売する。レストランでは、地元食材を活用したパスタ、デザートなどのメニューを用意している。
営業時間は物販は午前10時~午後6時。レストランはランチタイムが午前11時~午後2時半、ティータイムが午後2時半~5時半。水曜定休。市から受託したニチラク(北琴芝)が運営する。
事業費のうち1100万円は、国の緊急雇用創出事業臨時特例基金を充てる。店舗開設に当たり、5人を新規雇用するという。
問い合わせは市商業振興課(電話34―8355)へ。

 

カテゴリー:行政,経済2013年11月22日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single