商議所のワンコインパスポート、参加大幅増

宇部商工会議所(千葉泰久会頭)は、昨秋に実施した商業振興イベント「ワンコイン・パスポートdeスタンプラリーVol.3」の結果をまとめた。同所創立80周年プレ企画とあって、参加店が大幅に増え、提供する商品やサービスはバラエティーに富んだ。市民も積極的に利用しており、3年の積み重ねで、地元での買い物を推奨する「BUY宇部」運動が広がりを見せた。

同イベントは、消費者の負担が少ないワンコイン(税込み500円)で個店がさまざまな〝逸品〟を提供し、販売促進、大型店との差別化、購買力のアップにつなげるのが狙い。抽選で商品が当たるスタンプラリー方式で参加店への回遊性を高めている。
10~11月の期間中、前回を42店上回る102店が参加した。事業のスケールメリットは拡大し、PRや新規客の開拓につながったという。同所に届いた抽選の応募はがきは1031枚で、前回より400枚以上増えた。集計してみると、利用の中心は50歳代の女性で、有効はがきの23・9%を占めた。次いで60歳代の女性。男性は60歳代の利用が多かった。男女とも若年層の利用が少ないのが今後の課題とされている。
利用者の声は「この企画を楽しみにしている。気になっていたお店に行くチャンスができた」「お店巡りが楽しかった」「開催期間をもっと延ばして」「お得感があった」などと好評だった。参加店からも「来店者が増えた」「店やサービスをPRできた」「新規から固定客へと定着している。継続企画の意義は大きい」「売り上げがアップした」「周知活動に力を入れてほしい」との意見、感想が聞かれた。
利用が多かった店舗は▽永谷テレビサービス・ライフページナガタニ▽繁光▽青葉琴芝本店▽陶房・茶房くつろぎ菴▽魚千代。2月25日に開かれる会員大会の席上、功労表彰する。同所では「新年度についてはこれから詰めていくが、今回の実績を上回るよう、より工夫を重ねて充実させたい」とした。

カテゴリー:経済2014年1月30日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single