創業支援塾の卒塾生が起業

宇部商工会議所(安部研一会頭)の創業支援塾(起業塾)の卒塾生、赤瀨愛さん(30)が、厚南中野開作に自爪育成ネイルサロン「キュリオシティ」を開業した。ネイルを施すとともに、深爪緩和など顧客の爪を本来の健やかな姿にすることをコンセプトにしており「爪の悩みを持つ人に寄り添ったサポートができれば」と話す。

岩国市出身の赤瀨さんは、8年前の結婚を機に宇部に移住。大好きだったネイルを仕事にしたいと、働きながらスクールに通い、技能検定試験をクリア。ネイルサロンに勤務し実践経験を積みながら、独立を考えていた。

周囲に勧められ2014年度の起業塾に入塾するも、直後に長女を妊娠。講師と商議所指導員の支援を受けながら、つわりなどで苦しい時期も乗り越えて卒塾。出産後、育児が落ち着いてからの開業となった。

出産、育児という時間があったのは、開業する上でプラスに働いたという。「起業塾で立てたビジネスプランを改めて見直し、店の特徴がないことに気付いた。だからこそ自爪育成という自分のやりたいことをやる覚悟ができた」と振り返る。

自宅の一室をサロンとしており、顧客がリラックスできる空間を意識した造りとなっている。新規の顧客には、徹底したカウンセリングを実施。顧客に寄り添いながら、悩みを解決していく。

「自分もネイルで爪を傷めた経験がある。爪に悩みを抱えた人は思った以上に多かった。私の爪っていいなと思えるような施術をしていきたい」と意欲を語った。

営業時間は午前10時から午後7時。日・祝日は休み。問い合わせはホームページ(http://nail-curiosity.com)から受け付ける。

カテゴリー:経済2017年4月19日

写真注文はこちら
宇部日報社刊・書籍販売始めました
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single