中央町にうべ元気市場オープン

地元産品を中心に販売するアンテナショップ「うべ元気市場」が30日、中央町2丁目にオープンした。うべ元気ブランド認証製品や、地元農産物などを取り扱うほか、パスタ、デザートなどを楽しめるレストランも併設しており、開店と同時に多くの市民が訪れた。

元気ブランド製品や米、お茶、かまぼこ、酢、カステラ、すずりなど宇部の「いいもの」を数多く取りそろえて、市内外からの集客を図るとともに、市街地の空き店舗を活用し、中心部のにぎわい創出にもつなげようと開設。市から受託したニチラク(立川信隆代表、北琴芝)が運営する。
初日はオープニングセレモニーがあり、関係者5人がテープカット。立川代表は「宇部の食の魅力を中心にPRし、宇部のことなら元気市場に行けば何でも分かるというくらい、情報発信拠点としての役割も果たしていきたい」とあいさつ。久保田后子市長は「多くの人に、ここで宇部のおいしいものを買ってもらえればと思う。スタッフの皆さんに力を発揮してもらい、町の活性化に一役買ってほしい」と期待を寄せた。
営業時間は物販は午前10時~午後6時。レストランはランチタイムが午前11時~午後2時半、ティータイムが午後2時半~5時半。水曜定休。問い合わせは同店(電話34―3311)へ。

カテゴリー:経済2013年11月30日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single