ヤナギヤが経産省表彰

宇部市善和の食品機械製造メーカー、ヤナギヤ(柳屋芳雄社長)が、経済産業省の「グローバルニッチトップ企業100選(GNT100)」に選ばれた。カニ風味かまぼこを国際的なヘルシーフードへと成長させ、製造装置の分野でもトップシェアを誇る点が評価された。17日に同省で表彰式が行われた。
GNTは国際市場の開拓に取り組んでいる企業のうち、ニッチ分野(隙間、特定の分野に特化)で高いシェアを確保し、良好な経営を実践している企業を顕彰するもの。選定企業の経験値を一般化し、経営の羅針盤を示すことを目的に初めて実施した。
機械・加工、素材・化学、電気・電子、消費財・その他、ネクストGNTの5部門があり、「世界シェアと利益の両立」「独創性と自立性」「代替リスクへの対処」「世界シェアの持続性」などを基準に審査された。
同社は、水産練り製品関連機械分野では世界トップシェア。カニカマ市場の中でも製造装置のライン化を図り、海外への拡販に成功した。柳屋社長は「カニカマ製造装置での世界的シェア、新しいことへの挑戦が評価されたのだろう。日本のトップを走り、世界に技術を発信してほしいという期待に応えていきたい」と喜びを語った。2006年にも同省の「元気なモノ作り中小企業300社」に選定されている。
GNT100を企業規模別でみると、大企業6社、中堅企業25社、中小企業69社。同省では取り組みを収録した冊子を作成、公表する。また、日本再興戦略に基づき、選定企業、これを目指す企業に対する支援策を今後措置する考え。

カテゴリー:経済2014年3月18日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ