ホテル河長が破産手続き

宇部市中央町のホテル河長(岡本和代社長)は14日、山口地裁宇部支部に破産手続き開始を申し立てた。同社は1928年設立。ホテル、レストラン、和洋食料理、仕出しを展開していた。
岡本社長は予約客、法人に宛てた文書で「これまで経費削減、個人資産の運用等で経営再建努力を行ってきたが、このような結果になってしまった。一方的な予約のキャンセルをお許しいただきたい」とし、長年の愛顧への感謝で結んだ。

カテゴリー:経済2014年4月14日

写真注文はこちら
宇部日報社刊・書籍販売始めました
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ