プレミアムフライデー始まる

月末の金曜日の仕事を午後3時で終え、消費喚起や働き方改革を後押しするプレミアムフライデーが24日、始まった。宇部市内では、初回からの導入は多くないが、今後の選択肢として検討する企業もある。

プレミアムフライデーは、政府や経済産業省などが推奨する取り組みで、買い物や家族との外食、観光などにより生活の豊かさを感じる時間を創出する狙いがある。「充実感・満足感を実感できる生活」「コミュニティーの機能強化や一体感の醸成」「デフレ傾向を変える」という効果が期待されている。

宇部興産では、フレックスタイムや年次有給休暇の半日休を活用し、午後3時で帰宅することを推奨。交代勤務者や休暇を取るのが難しい場合は、3時以降の会議や打ち合わせを減らすなど、定時で帰宅できるよう周知している。

同社の担当者は「休みやすい職場づくりや、仕事のやり方の見直しにつながることを期待している」と話した。

一方、山口銀行では窓口が3時までのため、直後の帰宅は難しいという。同銀行によると「生産性向上や働き方改革については進めていく考え。プレミアムフライデーもその選択肢の一つとして検討していきたい」という。

カテゴリー:経済2017年2月24日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single